九星占い

正法寺について
由来
境内散策
交通アクセス
行事案内
年間行事
月例行事
ライブラリー
行事の記録
学ぶ
茶道教室
ご案内
納骨室分譲
清水佛殿
本妙寺
東京池上別院
お知らせ
ニュース
メール
トップへ



中央山 本妙寺

●沿革
当山の由来は天正10年(1582)、重須本門寺第10世の日殿上人が、仏堂を建立し開山となる。また当地は武田家の家臣、曲淵庄左衛門吉景の出生地でもある。武田家滅亡後は徳川家に仕え、甲斐守に任ぜられ、江戸に移る際に土地一帯を寄進した。今日でも「曲淵」の地名が残り、吉景の大蛇退治など多くの伝承が語り継がれ、地元民から篤く敬われている。吉景は法号を「徳本院殿日起大居士」、その母を「妙徳院殿日盛大禅尼」と号し石碑が現存している。その後、寛永2年(1625)に庵室から寺院として、法号に因み「本妙寺」と称した。その後、元禄3年(1690)に日意上人が入山して中興している。それ以来、重須本門寺(日蓮宗大本山)直末の興門派に属している。昭和16年2月の三派合同により、本門宗から日蓮宗として再出発し現在に至る。

●場所
昭和町押越850番地

昭和通りから昭和町役場入口を入り直ぐ。昭和町立押原小学校裏


 ●年中行事

・日限稲荷大明神大祭(4月)

・お盆お墓詣り(8月1日)

・若宮八幡大祭(9月)

・お施餓鬼法要(9月)

・お題目講(毎月1日 夜7時半〜)


        
お題目講
若宮八幡宮
日限稲荷大明神

≪お題目講参加者 随時募集中≫
お題目講は、檀徒の方に限らず、一般の方でも、少しでも関心や興味があれば、どなたでも気軽に参加することができます。
仏さまの悟り、日蓮大聖人が体験された、法華経の教えを拠り所に、お題目の修行を通し、人格の向上をめざし精進していくものです。


         歴代墓地

  ●寺宝
  • 曲淵吉景の五代目子孫の景衡が、甲府城勤番で一七〇騎を従え、墓参した際に奉納された馬印旗二旗。
  • 町の天然記念物である銀杏の大木。根回り3.65、目通り幹囲2.60。
大銀杏


Copyright(C)2010 shoboji.Allrights.reserved.